ゆく年くる年2017

今年もこの季節になりました。去年の今日はネコ小脳論文の査読と戦っていましたが、今年は来年早々の実験の準備。そして年末には大きなニュースがありました。

今年のハイライト:

  • 山浦さんがjoinした。
  • 市村さんが博士課程に進学した
  • 論文2本(ネコ小脳と市村の歩行)と人工知能学辞典(1項目)が出版された。
  • NEDOプロは首の皮一枚でステージゲートを通過した。
  • ポスト「京」も中間評価を通過した。
  • 科研費新学術「脳情報動態」と次世代領域研究開発「高性能汎用計算機高度利用事業」が始まった。
  • 情報工学工房に参戦した。
  • P社があんなことになるなんて。

ポスト「京」に新しく山浦さんが加わって、さらに研究室が強くなりました。2週に1回の割合でポスト「京」合同セミナーを理研の五十嵐さんとやっていて、研究はそれなりにうまく進んでいると思います。五十嵐さんが非常にスケーラブルな神経回路シミュレータを作成しているので、我々もそれに乗っかっています。来年は論文を書きます。

市村さんは博士課程に進学し、彼の卒研(!)だった小脳歩行モデルの論文がようやく出版されました。当初の計画よりだいぶ遅くなりましたが、ちゃんと成果にできて良かったです。来年は次の論文を。

大きいプロジェクトが継続になったのは大変うれしく、特にNEDOプロはステージゲートを経ることで研究の方向性がより明確になったので、今後もより加速させていきたいと思います。また新プロジェクトが2つ追加されて、研究資金的にかなり潤沢になっており、色んなことが可能になりました。例えば学生に給料を払うとか。大学にありがちな学生を搾取する構造をなんとかして改めたいです。

授業に関しては、新しい学域の演習を担当すると共に、新たに情報工学工房に参戦しました。ARMの64ビットアセンブラをやっています。ポスト「京」ではシミュレーションコードをアセンブラで書こうと思っていて、その勉強がてら始めた私の私による私のための工房ですが、参戦してくれる学生がいて、東大からも参加者がいて、有意義にやっています。ただまあ、ARMはソフトバンクに買われたので、世間ではRISC-Vが盛り上がっているようですが。MI/CS実験第二では新たに深層学習の課題を始めます。

P社に関しては特に何か言うつもりはなく、「暁光」でヒト小脳をやる計画に水を差されてしまったのが残念なのと、みんな人の名前くらいは正しく綴ろうな、くらいのものですが、今回感じたのは、自分達が研究で使う道具、それも研究戦略上重要な道具は、自分達で作らなければいけない、ということでした。そうでないと外圧で簡単に研究を中断させられてしまいます。

「高性能神経計算」という研究室の方向性はかなり見えてきました。ニューロモルフィックチップをやっているデバイスやHPCの研究室はたくさんありますが、神経科学の専門誌に研究論文を書いている研究室は一つもありません。その逆の、神経科学をやっていてデバイスやHPCの専門誌に研究論文を書いている研究室も我々以外ありません。我々は自分達の小脳研究をより強力に推進するために、来年は自分達でチップを作りたいと思います。仕様は既に頭の中にあります。

来年も盛りだくさんでお送りします。

山﨑 匡