ICONIP2016

片倉と露木の論文がそれぞれInternational Conference on Neural Information Processing (ICONIP) 2016に採択されました!

Ohki Katakura, Tadashi Yamazaki. Computational Model of the Cerebellum and the Basal Ganglia for Interval Timing Learning.

Tsukasa Tsuyuki, Yuki Yamamoto, Tadashi Yamazaki. Efficient Numerical Simulation of Neuron Models with Spatial Structure on Graphics Processing Units.

AINI2016

5月28,29日に理研で開催される国際シンポジウムAdvances in Neuroinformatics 2016にて、山﨑が招待講演を、露木がポスター発表をそれぞれ行います。

睡蓮(PEZY)研究会

1/14にKEKで開催された研究会で、山﨑が人工小脳の移植について発表しました。

Neuroscience 2015 @ Chicago

今年は、片倉、市村、山﨑が全員別々のポスターを出しました。片倉、市村は初海外発表でしたが、外国人のお客さんに対してもきちんと発表していました。

第25回 日本神経回路学会全国大会

9/2–4に電通大で開催された学会にて、山﨑は実行委員・シンポジウム企画・ポスター発表を行いました。五水井・片倉・市村はポスター発表を行いました。参加者は258名で、過去10年間で最大人数となりました。

https://jnns2015.im.uec.ac.jp/

 

Neuroinformatics2015

ケアンズで開催された国際会議Neuroinformatics2015で、山﨑がWorkshop 3 “Neuromorphic computing”で招待講演を、五水井がポスター発表を、それぞれ行いました。非常に良い会議でした。

Pages: 1 2 3 4 5