SfN 2012

米国神経科学会(SfN)大会(Neuroscience 2012)にて山崎がポスター発表を行いました。

Tadashi Yamazaki, Soichi Nagao. Theoretical study on importance of post-training periods for memory transfer in cerebellar motor learning 379.12. 2012年10月12-17日 ニューオリンズ(米国).

http://www.sfn.org/am2012

JNNS2012

第22回日本神経回路学会全国大会にメンバー全員で参加しました。

山崎は口頭発表とポスター発表を行いました(今年は口頭発表に選ばれました)。発表後は大変活発に議論いただき、ポスターにも大勢来ていただくことができました。

山崎 匡, 永雄総一. 小脳運動学習におけるポストトレーニング時のメモリトランスファーの理論 (P3-3)

稲葉・久保田はポスター会場で積極的にポスターを見て回り、質問を繰り出していました。自己組織化と強化学習関連は特に熱心に説明を聞いていました。来年は発表する側に回る予定です。

 

研究室訪問

カナダ Lethbridge大学の龍野正実先生が研究室を訪問されます。

研究内容

研究内容を簡単に書きました。

ドメイン取得

TT期間を5年間のプロジェクトに見立ててドメインを取りました。

Hello, world!

助教も研究室を持つそうなので、ウェブサイトを作りました。どうか御贔屓に。

Pages: 1 14 15 16